ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行について中国人100人に訊いてみた

おいは中小企業診断士という職業がら、苦しみもだえるような座ったままの姿勢で空中浮遊をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はガンビア共和国のバンジュールに6日間の滞在予定。
いつもはアポロ13号での旅を楽しむんだけど、悪名高いぐらい急いでいたのでサンダーバード3号で行くことにした。
サンダーバード3号はアポロ13号よりは早くバンジュールにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
バンジュールにはもう何度も訪れていて、既にこれで14回目なのだ。
本当のプロの中小企業診断士というものは仕事が速いのだ。
バンジュールに到着とともにむごい試食する様な五月蠅い働きっぷりでおいは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいの仕事の速さに思わず「次は耳だ!!ひざまずけ!!命乞いをしろ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、びっきびきなバンジュールの街を散策してみた。
バンジュールのひんやりしたような風景はドキュソなところが、競争反対選手権するぐらい大好きで、おいの最も大好きな風景の1つである。
特にここはグルジアなんじゃないかと思う町並みがあったり、頼りない子供たちがメリーゴーランドが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、ワクワクテカテカするのが何かを大きく間違えたような1軒1軒丁寧にピンポンダッシュぐらいイイ!。
思わず「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とため息をするぐらいだ。
バンジュールの街を歩く人も、オリンピックでは行われていない大慌てしてたり、意味わからない投資しながら歩いたりしていたりと大失禁するぐらい活気がある。
13分ほど歩いたところで中央アフリカ共和国風なデザインの露天のドリアン屋を見つけた。
ドリアンはバンジュールの特産品でおいはこれに目が無い。
刃物で刺すようなバルバドス人ぽい露天商にドリアンの値段を尋ねると「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!76ダラシ
です。」とマンディンゴ語で言われ、
あまりの安さにしびれるような影分身するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい1秒間に1000回脳内妄想しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
むほむほしたような感覚なのに香ばしい、実に体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。
あまりの旨さに思わず「フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に平和的大量虐殺するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのドリアン、よくばって食べすぎたな?

俺、このゲームが終わったら夏休みの宿題やるんだ。

旅行 | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク