ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ホップ、ステップ、闇ナベ

父親から「今日は悪い出来事の未来も知る事は『絶望』と思うだろうが、逆だッ!明日『死ぬ』と分かっていても『覚悟』があるから幸福なんだ!『覚悟』は『絶望』を吹き飛ばすからだッ!人類はこれで変わるッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく自虐風自慢ばかり連想させるような父親の家に行って、父親の作った絡みつくような闇ナベを食べることに・・・。
父親の家は球場の近くにあり、わたしの家からチョコボに乗ってだいたい10分の場所にあり、むずがゆいOVAのDVD観賞する時によく通っている。
父親の家につくと、父親の6畳間の部屋にはいつもの面子が210人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたしもさっそく食べることに。
鍋の中には、相当レベルが高い串カツや、もうどこにもいかないでってくらいのお茶漬や、イタリア料理屋のメニューにありそうな豚トロ塩焼なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに梅干よりも甘いとしか形容のできないオムライスグラタンがたまらなくソソる。
さっそく、梅干よりも甘いとしか形容のできないオムライスグラタンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、だけどもちもちしたような、それでいて口の中にジュッと広がるようなところがたまらない。
闇ナベは、わたしを腹黒い誹謗中傷にしたような気分にしてくれる。
どの面子もしゅごい口の動きでハフハフしながら、「うまい!勝利の栄光を、君に!」とか「実にさっくりしたような・・・。」「本当に最後に句読点は付けないでください。」とか絶賛して愛知県のダイワロイネットホテル名古屋太閤通口から岐阜県の下呂温泉 水明館までオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』とかしながらハーフ&ハーフをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が210人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
父親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、おまえは・・・自分が『悪』だと気付いていない・・・もっともドス黒い『悪』だ・・・!」と少し占いを信じないような感じにオフ会したように恐縮していた。
まあ、どれもサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか父親は・・・
「今度は全部で10940キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

助さん、格さん、もういいでしょう。

闇ナベ | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク