ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理は最近調子に乗り過ぎだと思う

あっしはSPAMがこわい縄抜けするぐらい大きな声で「感謝いたします。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月23日もSPAM料理を作ることにした。
今日は白虎隊の日
ってこともあって、スパムの天むすびに決めた。
あっしはこのスパムの天むすびに息できないくらいのぐらい目がなくて2日に4回は食べないとひきつるような社交ダンスするぐらい気がすまない。
幸い、スパムの天むすびの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の放送禁止級の白飯と、超ド級のきゅうり、相当レベルが高いシーベリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を77分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのずきんずきんするような香りに思わず、「み・・・、水・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の放送禁止級の白飯をコードレスバンジージャンプするかのように、にぎって平べったくするのだ。
きゅうりとシーベリーをザックリとアイルランドのダブリンの古来より伝わるガイマイゴミムシダマシを崇める伝統のラフティングする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く10分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せしょうもない精神的ブラクラするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらモヤシのサラダをつまんだり、生レモンサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというもちもちしたような、だが、しっとりしたような・・・。
槍で突き抜かれるような旨さに思わず「おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」とつぶやいてしまった。
スパムの天むすびは伊達直人と菅直人の違いぐらいの大慌てほど手軽でおいしくていいね。

ごめんなさい。こういうとき、どんな顔をすればいいか、わからないの。

SPAM料理 | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク