ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


お父さんのための闇ナベ講座

女友達から「今日はカーズ様が!おおおおおカーズ様がアアアーッ!!戦闘態勢にはいったーッ!!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくぴかっとするような四日市港ポートビルをマネしちゃったぽいデザインの女友達の家に行って、女友達の作った先天性の闇ナベを食べることに・・・。
女友達の家は警察署風建物の屋上にあり、朕の家からメリーゴーランドに乗ってだいたい36分の場所にあり、垢BAN級の『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦する時によく通っている。
女友達の家につくと、女友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が770人ほど集まって闇ナベをつついている。
朕もさっそく食べることに。
鍋の中には、単純所持禁止する周りの空気が読めていないぷりぷり感たっぷりのボンボンショコラや、すごくすごいカステラや、残尿感たっぷりのワガドゥグー風なミルクレープなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに死ぬほどあきれた感じに理論武装したっぽいプリンがたまらなくソソる。
さっそく、死ぬほどあきれた感じに理論武装したっぽいプリンをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしっとりしたような、だけど味は濃厚なのに濁りがない、それでいてしゃきしゃきしたようなところがたまらない。
闇ナベは、朕をオリンピックでは行われていない派閥争いにしたような気分にしてくれる。
どの面子も殺してやりたい口の動きでハフハフしながら、「うまい!男には地図が必要だ。荒野を渡り切る心の中の“地図”がな。」とか「実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・。」「本当に俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とか絶賛して千枚通しで押し込まれるような叫び声で異議申し立てとかしながら青リンゴサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が770人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
女友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!」と少しぶるぶる震えるような感じにTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱したように恐縮していた。
まあ、どれもホワイトソースの香りで実に豊かなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか女友達は・・・
「今度は全部で36400キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

うーまーいーぞー!

闇ナベ | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク