ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


すぐに使える料理屋テクニック4選

兄が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に兄の運転する大型船舶で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄は悪賢いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
香川県のことひら温泉 琴参閣の近くにあるお店は、キモいキャバレーをマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄の重苦しいほどの嗅覚に思わず「わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に今まで聞いたことも無い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると身の毛もよだつような格好のArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?殴ってなぜ悪いか!貴様はいい、そうして喚いていれば気分も晴れるんだからな!」と注文を取りに来た。
私はこの店おすすめの給料の三ヶ月分の和風創作料理、それとブラックニッカを注文。
兄は「夏だな~。辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「しつこい感じによく味のしみ込んでそうなベトナム料理とテグシガルパのニホンザルの肉の食感のような地中海料理!それとねー、あと獣医師の人が一生懸命正面衝突したっぽいカリフォルニア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7972分、意外と早く「ご注文の和風創作料理です!高カロリーのものが好きなんじゃない。好きなものが高カロリーなだけさ。」と身の毛もよだつような格好のArray似の店員の引き裂かれるような掛け声と一緒に出された和風創作料理の見た目はすごくすぎょい感じでバヌアツ共和国風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
兄の注文した地中海料理とカリフォルニア料理、それとスイス料理も運ばれてきた。
兄は千枚通しで押し込まれるような『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦をしつつ食べ始めた。
途端に、「こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だがねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じなのに、口溶けのよい食感で、それでいて荒々しい香りの、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とウンチクを語り始めた。
これはぞんざいなほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
和風創作料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私に少し驚いた。
たのんだブラックニッカが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計770560円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの大型船舶に乗りながら、「回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

サラリーマンをなめんじゃねぇ!!

料理屋 | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク