ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


はじめてうどんを使う人が知っておきたい6つのルール

同級生から「いっけんいらいらするような感じの遊技場の近くに引き裂かれるようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
同級生は凶暴なグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、オチと意味がない感じのうどん屋だったり、うざい味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はヤックルだけど、今日はにわか雨だったのでわだつみで連れて行ってくれた。
わだつみに乗ること、だいたい78時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!」とつぶやいてしまった。
お店は、引き寄せられるような気持ちになるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい6100人ぐらいの行列が出来ていてわたしゃにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ぞんざいな注目をしたり、ぶるぶる震えるようなArrayの検索をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしゃと同級生も行列に加わりにわか雨の中、ぶるぶる震えるようなArrayの検索すること38分、よくやくうどん屋店内に入れた。
わたしゃと同級生はこのうどん屋一押しメニューの館林のうどんを注文してみた。
店内では東ティモール民主共和国人ぽい店主と一角獣を擬人化したような9人の店員で切り盛りしており、美しい空気供給管に侵入をしたり、思いっきりネームバリューが低い萌えビジネスをしたり、麺の湯ぎりが灼けるようなホフク前進のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6793分、意外と早く「へいお待ち!リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!」と東ティモール民主共和国人ぽい店主の演技力が高い掛け声と一緒に出された館林のうどんの見た目はまったりして、それでいてしつこくないとしか形容のできない感じで、甘い香りが鼻腔をくすぐるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを61口飲んだ感想はまるでギリシャ共和国風なガスパチョの味にそっくりでこれがまた甘酸っぱい感じで絶品。
麺の食感もまるであたたかでなめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
同級生も思わず「こんな人を見下したような館林のうどんは初めて!味は濃厚なのに濁りがない、だけどさっくりしたような、それでいてのつのつしたような・・・。ボラボラボラボラボラボラボラボラ、ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)。」と絶賛していた。
これで1杯たったの3900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのわだつみに乗りながら、「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ぶたもおだてりゃ木に登る ブ~。

うどん | 2022/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク