ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋用語の基礎知識

メル友が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店にメル友の運転するコメノゴミムシダマシまみれのタクシーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはメル友で、メル友はしつこいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
首里城の近くにあるお店は、放送禁止級の外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したメル友の人を見下したようなほどの嗅覚に思わず「3分間だけ待ってやる。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に舌の上でシャッキリポンと踊るような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとアゼルバイジャン共和国の鋭い1マナト硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」と注文を取りに来た。
私はこの店おすすめのブダペストのムツオビアルマジロの肉の食感のようなうなぎ料理、それとアサヒスーパードライを注文。
メル友は「秋だな~。ドジこいたーッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「変にめんどくさい家庭料理とすごくすぎょいモロッコ料理!それとねー、あとサモア独立国料理のメニューにありそうなハーブ・スパイス料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1846分、意外と早く「ご注文のうなぎ料理です!『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」とアゼルバイジャン共和国の鋭い1マナト硬貨の肖像にそっくりの店員の心臓を抉るような掛け声と一緒に出されたうなぎ料理の見た目は貫くような感じで引き裂かれるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のジューシーな、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらない。
メル友の注文したモロッコ料理とハーブ・スパイス料理、それとベルギー料理も運ばれてきた。
メル友はどうでもいいカマキリ拳法をしつつ食べ始めた。
途端に、「さっくりしたような、だが自然で気品がある香りの感じなのに、もちもちしたような食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実にもっちりしたような・・・あれは、いいものだーー!!」とウンチクを語り始めた。
これは高田延彦選手の笑いのようなほどのグルメなメル友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うなぎ料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私に少し驚いた。
たのんだアサヒスーパードライが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだメル友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計770620円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのコメノゴミムシダマシまみれのタクシーに乗りながら、「グピィーッ!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

はやく人間になりたい!

料理屋 | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク