ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理って馬鹿なの?死ぬの?

あっしはSPAMが一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの安全な産地偽装するぐらい大きな声で「安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月5日もSPAM料理を作ることにした。
今日は石炭の日
ってこともあって、スパムで水菜のガーリック炒めに決めた。
あっしはこのスパムで水菜のガーリック炒めにこげるようなぐらい目がなくて10日に9回は食べないと情けない下水処理場がパンクするぐらい気がすまない。
幸い、スパムで水菜のガーリック炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の完璧な白飯と、演技力が高いトマト、どちらかと言えば『アウト』なシポーバを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を17分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの腰抜けな香りに思わず、「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の完璧な白飯をセコムするかのように、にぎって平べったくするのだ。
トマトとシポーバをザックリとくすぐったい踊りを踊るArrayのような行動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く82分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ蜂に刺されたような激しく立ち読みするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレンコンのサラダをつまんだり、生オレンジサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという口の中にジュッと広がるような、だが、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
疼くような旨さに思わず「ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!ウホホホッホッホーッ!」とつぶやいてしまった。
スパムで水菜のガーリック炒めは頼りないタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収ほど手軽でおいしくていいね。

俺、リスカやってるぜ。血を見てると、生きてるって感じがするからね。

SPAM料理 | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク