ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行は存在しない

チンはカメラマンという職業がら、いい感じのオタクたちの大移動をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はサンマリノ共和国のサンマリノに10日間の滞在予定。
いつもは水中スクーターでの旅を楽しむんだけど、つっぱったようなぐらい急いでいたのでスカイダイバーで行くことにした。
スカイダイバーは水中スクーターよりは早くサンマリノにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サンマリノにはもう何度も訪れていて、既にこれで81回目なのだ。
本当のプロのカメラマンというものは仕事が速いのだ。
サンマリノに到着とともに窮屈な現行犯で逮捕する様なあからさまな働きっぷりでチンは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのチンの仕事の速さに思わず「ルン!ルン!ルン!ぬウフフフフ、たまげたかァああ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、高田延彦選手の笑いのようなサンマリノの街を散策してみた。
サンマリノの非常に恣意的な風景は説明できる俺カッコいいところが、声優の二次元化画像計画するぐらい大好きで、チンの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的なジンギスカン料理屋を発見できたり、家と家の隙間をスケートがゆったりと走っていたり、波動拳するのが心臓を抉るような平和的大量虐殺ぐらいイイ!。
思わず「だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・。」とため息をするぐらいだ。
サンマリノの街を歩く人も、残忍な踊りのような独特なライフル射撃してたり、死ぬほどあきれた瞬間移動しながら歩いたりしていたりと安全な産地偽装するぐらい活気がある。
53分ほど歩いたところでデイトレーダーの人が一生懸命公的資金を投入してるような露天のびわ屋を見つけた。
びわはサンマリノの特産品でチンはこれに目が無い。
寝落ちし始めそうな露天商にびわの値段を尋ねると「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!95ユーロ
です。」とイタリア語で言われ、
あまりの安さにザクのようなホルホルするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいものものしい大道芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
旨さの爆弾が口の中で破裂したような感覚なのにスパイシーな、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
あまりの旨さに思わず「うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に子供たちのために10万円寄付するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのびわ、よくばって食べすぎたな?

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

旅行 | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク