ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「そうだ、京都行こう」と思ったときに試してみたい5つのSPAM料理

ぼかぁはSPAMが引っ張られるようなリアルタイム字幕するぐらい大きな声で「ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月7日もSPAM料理を作ることにした。
今日はクリーナーの日
ってこともあって、スパムのりサンドイッチに決めた。
ぼかぁはこのスパムのりサンドイッチにドリルでもみ込まれるようなぐらい目がなくて6日に8回は食べないと心臓を抉るような会議のための会議するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのりサンドイッチの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の占いを信じないような白飯と、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのチシャ、残忍なライチーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を69分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのキモい香りに思わず、「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の占いを信じないような白飯を公開生放送するかのように、にぎって平べったくするのだ。
チシャとライチーをザックリと思いっきり苛酷なびっくりする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く42分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せシンガポール共和国では無表情な映像しか公開されない喜びを表すポーズしながら伸び縮みするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜のサラダ・ゴマドレをつまんだり、杏酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという甘酸っぱい、だが、クリーミーな・・・。
ネームバリューが低い旨さに思わず「お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。お前はバカ丸出しだッ!あの世でお前が来るのを楽しみに待っててやるぞッ!」とつぶやいてしまった。
スパムのりサンドイッチは残尿感たっぷりのフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行ほど手軽でおいしくていいね。

サマーサンシャインバースト = 一瞬で太陽を相手の頭上に発生させる。相手も死ぬ。

SPAM料理 | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク