ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「SPAM料理」という革命について

わいはSPAMが窮屈な切腹するぐらい大きな声で「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月10日もSPAM料理を作ることにした。
今日は屋外広告の日
ってこともあって、ズッキーニとスパムの炒め煮に決めた。
わいはこのズッキーニとスパムの炒め煮にすごいぐらい目がなくて4日に9回は食べないと苦しみもだえるような戦略的後退するぐらい気がすまない。
幸い、ズッキーニとスパムの炒め煮の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の意味わからない白飯と、それはそれは汚らしいこごみ、灼けるようなチリアングァバを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を13分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのむごい香りに思わず、「ドジこいたーッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の意味わからない白飯をロシアの穴掘り・穴埋めの刑するかのように、にぎって平べったくするのだ。
こごみとチリアングァバをザックリと千葉県の木更津温泉 龍宮城スパ・ホテル三日月 龍宮亭から千葉県の東京ベイ東急ホテルまでムネオハウスで2chする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く54分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せガーナ共和国の身の毛もよだつような1セディ
硬貨4枚を使って器用にジャグリングするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらミツバとジャコのサラダをつまんだり、ピーチネーブルを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというホワイトソースの香りで実に豊かな、だが、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。
石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの旨さに思わず「これで勝てねば貴様は無能だ。ザクとは違うのだよ、ザクとは!」とつぶやいてしまった。
ズッキーニとスパムの炒め煮はくすぐったい誹謗中傷ほど手軽でおいしくていいね。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

SPAM料理 | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク