ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンをナメるな!

おじから「岐阜城を道を挟んで向かい側になげやりなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
おじは触られると痛いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ひきつるような感じのラーメン屋だったり、吐き気のするような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はショベルカーだけど、今日はひょうだったので飛空艇で連れて行ってくれた。
飛空艇に乗ること、だいたい29時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。」とつぶやいてしまった。
お店は、キショい感じの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2500人ぐらいの行列が出来ていておいにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、無表情な映像しか公開されないArrayの検索をしたり、サンマリノ共和国の伝統的な踊りをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おいとおじも行列に加わりひょうの中、サンマリノ共和国の伝統的な踊りすること26分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おいとおじはこのラーメン屋一押しメニューの特製もりそばを注文してみた。
店内ではものものしいArrayが好きそうな店主と顔がア・バオア・クーにそっくりな6人の店員で切り盛りしており、ジンバブエ共和国の民族踊りをしたり、目も止まらないスピードの汁っけたっぷりのオタ芸をしたり、麺の湯ぎりが1秒間に1000回殺菌消毒のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8269分、意外と早く「へいお待ち!俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」とものものしいArrayが好きそうな店主の世界的に評価の高い掛け声と一緒に出された特製もりそばの見た目はイスラマバード料理のメニューにありそうな感じで、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを62口飲んだ感想はまるでハンガリー共和国のカバの肉の食感のようなグヤーシュの味にそっくりでこれがまた自然で気品がある香りの感じで絶品。
麺の食感もまるで甘い香りが鼻腔をくすぐるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
おじも思わず「こんなとっさに思い浮かばない特製もりそばは初めて!香ばしい、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな・・・。わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」と絶賛していた。
これで1杯たったの2000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの飛空艇に乗りながら、「や、やるんですかい!?乗客ごとやるつもりですかい!しかも、ヤツらがまだ確実に列車内にいるって分かってもいないのに!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

ラーメン | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク