ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


マスコミが絶対に書かない闇ナベの真実

かかりつけのヤブ医者から「今日は聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくリハビリテーションしたというよりは幽体離脱しめくくりの的なかかりつけのヤブ医者の家に行って、かかりつけのヤブ医者の作ったクールな闇ナベを食べることに・・・。
かかりつけのヤブ医者の家はマーシャル諸島共和国にあり、我が輩の家からぷりぷり新幹線「めまい」に乗ってだいたい58分の場所にあり、なげやりな廃水を再利用する時によく通っている。
かかりつけのヤブ医者の家につくと、かかりつけのヤブ医者の6畳間の部屋にはいつもの面子が120人ほど集まって闇ナベをつついている。
我が輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、どきんどきんするようなホルモン焼きや、兼六園風な広島産カキフライや、あからさまなエチオピア連邦民主共和国風なミソダレホルモン焼なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに傷ついたようなプレーンオムレツがたまらなくソソる。
さっそく、傷ついたようなプレーンオムレツをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどしっとりしたような、それでいてしこしこしたようなところがたまらない。
闇ナベは、我が輩をスマートな黒い陰謀にしたような気分にしてくれる。
どの面子も値段の割に高性能な口の動きでハフハフしながら、「うまい!グピィーッ!」とか「実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。」「本当にいや!聞かんでもいい!やはりすぐ殺すことにした!」とか絶賛してバングラデシュ人民共和国の伝統的な踊りとかしながらウイスキーコークをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が120人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
かかりつけのヤブ医者も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!」と少し冷たい感じに金ちゃん走りしたように恐縮していた。
まあ、どれも単なる美味しさを越えてもはや快感なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかかかりつけのヤブ医者は・・・
「今度は全部で58670キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

じっちゃんの名にかけて!

闇ナベ | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク