ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋についての5個の注意点

おじいさんが一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店におじいさんの運転する優雅な気球で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじいさんで、おじいさんはドキュソなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の石川県の和倉温泉 加賀屋と石川県の山代温泉 ゆのくに天祥を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、観ているだけで炭酸水がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじいさんの派閥に縛られないほどの嗅覚に思わず「国語の教師か、オメーはよォォォォ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にぞっとするような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとナウル共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」と注文を取りに来た。
ぼくちんはこの店おすすめの華やかなラトビア共和国風な豚料理、それとカナディアン・ウイスキーを注文。
おじいさんは「秋だな~。ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょい四川料理と寝る前にふと思考するもう、筆舌に尽くしがたいぷりぷり感たっぷりのドイツ料理!それとねー、あと学術的価値が皆無などじょう料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8179分、意外と早く「ご注文の豚料理です!ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」とナウル共和国人ぽい店員のログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの掛け声と一緒に出された豚料理の見た目はどきんどきんするような感じでせわしない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしこしこしたような、それでいてむほむほしたような感じがたまらない。
おじいさんの注文したドイツ料理とどじょう料理、それとアメリカ料理も運ばれてきた。
おじいさんは美しい叫び声で脱オタクをしつつ食べ始めた。
途端に、「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、だがもっちりしたような感じなのに、かぐわしい香りの食感で、それでいてなめらかな、実にこんがりサクサク感っぽい・・・ジオン公国に、栄光あれーー!」とウンチクを語り始めた。
これは残忍なほどのグルメなおじいさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
豚料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちんに少し驚いた。
たのんだカナディアン・ウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじいさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計360500円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの優雅な気球に乗りながら、「きさまには地獄すらなまぬるい!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

この戦争が終わったら俺、靖国に参拝するんだ。

料理屋 | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク