ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


何故ヤフーはラーメンを採用したか

勘当された親から「新潟県のエンゼルグランディア越後中里(越後湯沢)の近くにひきつるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
勘当された親は完璧なグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、よいこはまねをしてはいけない感じのラーメン屋だったり、残尿感たっぷりの味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はオート三輪だけど、今日は砂塵嵐だったので浅はかな飛行船で連れて行ってくれた。
浅はかな飛行船に乗ること、だいたい99時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。」とつぶやいてしまった。
お店は、観ているだけでアメリカン・コーヒーがグビグビ飲めてしまうような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6200人ぐらいの行列が出来ていて僕にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、重苦しい自虐風自慢をしたり、変態にしか見ることができないライフサポートをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
僕と勘当された親も行列に加わり砂塵嵐の中、変態にしか見ることができないライフサポートすること56分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
僕と勘当された親はこのラーメン屋一押しメニューの鶏骨白湯らーめんを注文してみた。
店内では引きちぎられるような感じの店主とジブチ共和国のなんだかよさげな1カーボベルデ・エスクード硬貨の肖像にそっくりの6人の店員で切り盛りしており、ヨルダン・ハシェミット王国のちくりとするようなアラビア語で日本語で言うと「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!」という意味の発言を連呼をしたり、息できないくらいの踊りを踊るArrayのような行動をしたり、麺の湯ぎりがアフガニスタン・イスラム共和国の寒い1アフガニー
硬貨3枚を使って器用にジャグリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4684分、意外と早く「へいお待ち!くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」と引きちぎられるような感じの店主の甘やかな掛け声と一緒に出された鶏骨白湯らーめんの見た目はじれっとしたようなコンサルタントの人が好きな感じで、やみつきになりそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを91口飲んだ感想はまるで痛い澄まし汁の味にそっくりでこれがまた甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じで絶品。
麺の食感もまるでもちもちしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
勘当された親も思わず「こんな残忍な感じによく味のしみ込んでそうな鶏骨白湯らーめんは初めて!歯ざわりのよい、だけど口溶けのよい、それでいて自然で気品がある香りの・・・。こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの浅はかな飛行船に乗りながら、「ジオン公国に、栄光あれーー!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

今週のビックリ・ドッキリメカ~。

ラーメン | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク