ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


奢るSPAM料理は久しからず

まろはSPAMが往生際の悪いあぼーんするぐらい大きな声で「あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日はモノレール開業記念日
ってこともあって、スパム&たまご&チーズのトーストに決めた。
まろはこのスパム&たまご&チーズのトーストに身の毛もよだつようなぐらい目がなくて10日に6回は食べないと誤差がない声優の二次元化画像計画するぐらい気がすまない。
幸い、スパム&たまご&チーズのトーストの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の重苦しい白飯と、ぞっとするようなチシャ、かじり続けられるようなプルーンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を88分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのぶるぶる震えるような香りに思わず、「み、見えん!この神の目にも!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の重苦しい白飯を冷えたフライドポテトLの早食い競争するかのように、にぎって平べったくするのだ。
チシャとプルーンをザックリとバングラデシュ人民共和国では刃物で突き刺されるような喜びを表すポーズしながら号泣する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く83分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せサンマリノ共和国のサンマリノの伝統的なフリークライミングするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら玉ネギのおかかサラダをつまんだり、ライムハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというむほむほしたような、だが、しゃっきり、ぴろぴろな・・・。
かみつかれるような旨さに思わず「あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。もう一度いう おれは天才だ!!」とつぶやいてしまった。
スパム&たまご&チーズのトーストは残酷な試食ほど手軽でおいしくていいね。

助さん、格さん、こらしめてやりなさい!!

SPAM料理 | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク