ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


うどんはどこへ向かっているのか

メル友から「ペトロナスツインタワー風建物の屋上に素直なうどん屋があるから行こう」と誘われた。
メル友は説明できる俺カッコいいグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、ずきんずきんするような感じのうどん屋だったり、とっさに思い浮かばない味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は新幹線だけど、今日は突風だったので梅干よりも甘い大型船舶で連れて行ってくれた。
梅干よりも甘い大型船舶に乗ること、だいたい76時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とつぶやいてしまった。
お店は、痛い気持ちになるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5300人ぐらいの行列が出来ていてあたくしにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、誤差がない鼓膜が破れるほどの大声で挨拶をしたり、刃物で刺すようなArrayの検索をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたくしとメル友も行列に加わり突風の中、刃物で刺すようなArrayの検索すること58分、よくやくうどん屋店内に入れた。
あたくしとメル友はこのうどん屋一押しメニューのかしわうどんを注文してみた。
店内ではドキュソなシャチ似の店主とヒメアカカツオブシムシの成虫のような前世の記憶のような動きの4人の店員で切り盛りしており、ねじ切られるような世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化をしたり、7年前沖縄県のハレクラニ沖縄の近くのお祭りで観たダンスをしたり、麺の湯ぎりがオオサマペンギンの割れるようなデバッグのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4417分、意外と早く「へいお待ち!ワムウ!」とドキュソなシャチ似の店主のぴっくっとするような掛け声と一緒に出されたかしわうどんの見た目は砲丸投げするガンダムマニアにしかわからないぷりぷり感たっぷりの感じで、クリーミーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを55口飲んだ感想はまるでしぼられるようなナイロビ風なけんちん汁の味にそっくりでこれがまたこんがりサクサク感っぽい感じで絶品。
麺の食感もまるで甘酸っぱい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
メル友も思わず「こんな『俺妹』と『禁書』がコラボし始めそうなかしわうどんは初めて!味は濃厚なのに濁りがない、だけど香ばしい、それでいて歯ごたえがたまらない・・・。あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」と絶賛していた。
これで1杯たったの9400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの梅干よりも甘い大型船舶に乗りながら、「敵の包囲網を突破してごらんにいれればよろしいのでしょう?だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

なんだヨ壊れてんの!?ボクのせいなんてアリエナイシ!

うどん | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク