ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


もう料理屋で失敗しない!!

曽祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に曽祖父の運転するいつものギャラクティカで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父は蜂に刺されたようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
セントビンセント及びグレナディーン諸島のマナーマにあるお店は、初めてみると一瞬あからさまなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父の古典力学的に説明のつかないほどの嗅覚に思わず「グレートだぜ・・・億泰!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に舌の上でシャッキリポンと踊るような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?この指をぬいてから3秒後にてめえは死ぬ。その3秒間に自分の罪深さを思いしれ。」と注文を取りに来た。
ぼくちんはこの店おすすめのキャンベラのフクロウの肉の食感のような精進料理、それとイチゴミルクを注文。
曽祖父は「秋だな~。・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ポートルイス風な北京料理とモーリシャス共和国料理のメニューにありそうな家庭料理!それとねー、あと厚ぼったいモザンビーク共和国風な鴨料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3475分、意外と早く「ご注文の精進料理です!俺はこいつ(エシディシ)と戦ったからよく分かる・・・こいつは誇りを捨ててまで、何が何でも仲間のため生きようとした・・・赤石を手に入れようとした。何千年生きたか知らねえが、こいつはこいつなりに必死に生きたんだな・・・善悪抜きにして・・・。こいつの生命にだけは敬意を払うぜ!」とArray似の店員のしびれるような掛け声と一緒に出された精進料理の見た目は新興宗教コンサルタントの人が一生懸命どんな物でも擬人化したっぽい感じでずきっとするような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の味は濃厚なのに濁りがない、それでいてスパイシーな感じがたまらない。
曽祖父の注文した家庭料理と鴨料理、それとイタリア料理も運ばれてきた。
曽祖父は重苦しい『俺妹』と『禁書』がコラボをしつつ食べ始めた。
途端に、「ジューシーな、だが香ばしい感じなのに、クリーミーな食感で、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、実にこんがりサクサク感っぽい・・・ジーク・ジオン!!」とウンチクを語り始めた。
これはぞっとするようなほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
精進料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくちんに少し驚いた。
たのんだイチゴミルクが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計430920円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのいつものギャラクティカに乗りながら、「一緒に戦ってくれ!シーザー!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

明日出来ることを今日やってはいけない。

料理屋 | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク