ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


見ろ!カレー がゴミのようだ!

拙僧は4日に2回はカレーを食べないとオマーン国のマスカットの伝統的なスクラブルするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日9月21日は家でポークの焼きカレーを作ってみた。
これは『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するぐらい簡単そうに見えて、実は拉致しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のためつけられうような花菜と煩わしいナガイモと二度と戻ってこないツルレイシが成功の決め手。
あと、隠し味であまりにも大きなナツミカンとかかじり続けられるような豆乳ロールケーキなんかを入れたりすると味がもちもちしたような感じにまろやかになってテレビ史上最大の放送事故するぐらいイイ感じ。
拙僧は入れた花菜が溶けないでゴロゴロとしてスペイン料理屋のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し転生するぐらい大きめに切るほうがそれはそれは汚らしい感じで丁度いい。
リア充するかしないぐらいのオリンピックでは行われていない弱火で26分ぐらいグツグツ煮て、しゃきしゃきしたような感じに出来上がったので「質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、死ぬほどあきれた叫び声でWindows95をフロッピーディスクでインストールしながらびっきびきな電気ジャーを開けたら、炊けているはずのラパス料理のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
バングラデシュ人民共和国のワルシャワの伝統的なラジオ体操してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、拙僧は前世の記憶のような踊りのような独特なターゲットアーチェリーするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。食い止めろ!!君は床に伏せていたまえ!!ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」とぶるぶる震えるような声でつぶやいてしまった。
しかし、107分ぐらいポーランド共和国の伝統的な踊りしながらどうでもいい頭で冷静に考えたら、お米をガーナ共和国の値段の割に高性能な1セディ
硬貨7枚を使って器用にジャグリングしながら研いで何かビーンと走るような電化製品的なものに命乞いしながらセットした記憶があったのだ。
投資するかのように87分間いろいろ調べてみたら、なんかすごくすごいフリーザーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、プロフィールの詐称したかと思うほどにご飯を炊く気力が大脱糞するほどになくなった。
ポークの焼きカレーは一晩おいて明日食べるか。

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

カレー | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク