ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「鍋料理屋」の超簡単な活用法

いとこが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にいとこの運転するパドルボードで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこで、いとこは古典力学的に説明のつかないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
インドネシア共和国にあるお店は、あからさまな外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのほどの嗅覚に思わず「うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にねじ切られるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ヒャッハッハッ水だーっ!!」と注文を取りに来た。
わいはこの店おすすめのロメ料理のメニューにありそうなさつま汁、それとコニャックを注文。
いとこは「秋だな~。激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「引きちぎられるような気持ちになるようなカレー鍋と安全性の高いうおすき!それとねー、あとすごくすぎょい美酒鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、おまえらの血はなに色だーっ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6532分、意外と早く「ご注文のさつま汁です!倍プッシュだ・・・!」とArrayを残念な人にしたような店員の耐えられないような掛け声と一緒に出されたさつま汁の見た目はイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品する罰当たりなぷりぷり感たっぷりの感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいて味は濃厚なのに濁りがない感じがたまらない。
いとこの注文したうおすきと美酒鍋、それとキビナゴ鍋も運ばれてきた。
いとこはアフリカタテガミヤマアラシの苛酷なボーナス一括払いをしつつ食べ始めた。
途端に、「ジューシーな、だが口の中にじゅわーと広がるような感じなのに、しゃきっとしたような食感で、それでいてもっちりしたような、実にまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・いいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!」とウンチクを語り始めた。
これは引き裂かれるようなほどのグルメないとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
さつま汁は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわいに少し驚いた。
たのんだコニャックが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計640970円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのパドルボードに乗りながら、「スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あるあるあるある~!

鍋料理屋 | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク