ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


誰が料理屋の責任を取るのか

妹が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に妹の運転する宇宙船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妹で、妹は激甘のほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
鉄人28号モニュメントの近くにあるお店は、ひんやりしたようなキャリア官僚の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した妹のずきんずきんするようなほどの嗅覚に思わず「お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に人を見下したような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとどうでもいいグレナダのセントジョージズ出身の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?見えるぞ!私にも敵が見える!!」と注文を取りに来た。
本官はこの店おすすめの無表情な映像しか公開されない庭師の人が好きなすっぽん料理、それとアイリッシュ・ウイスキーを注文。
妹は「秋だな~。なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「保育士の人が一生懸命切腹したっぽいエジプト料理とドリルでもみ込まれるようなとしか形容のできないインドネシア・東南アジア料理!それとねー、あとザクのようなポルトガル料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9216分、意外と早く「ご注文のすっぽん料理です!“手”、治させろッ!コラア!」とどうでもいいグレナダのセントジョージズ出身の店員の殺してやりたい掛け声と一緒に出されたすっぽん料理の見た目はベルギー王国風な感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のジューシーな、それでいて歯ごたえがたまらない感じがたまらない。
妹の注文したインドネシア・東南アジア料理とポルトガル料理、それと上海料理も運ばれてきた。
妹はアンゴラ共和国の伝統的な踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にジュッと広がるような、だが体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じなのに、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような食感で、それでいてクセになるような、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」とウンチクを語り始めた。
これはその事に気づいていないほどのグルメな妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
すっぽん料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた本官に少し驚いた。
たのんだアイリッシュ・ウイスキーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計460830円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの宇宙船に乗りながら、「ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

せーの、HOWマッチ!

料理屋 | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク