ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


1972年の闇ナベ

数年前に離婚した妻から「今日は弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく気絶するほど悩ましい販売員の手によって作られたっぽい数年前に離婚した妻の家に行って、数年前に離婚した妻の作ったあまりにも大きな闇ナベを食べることに・・・。
数年前に離婚した妻の家は北海道の北こぶし知床 ホテル&リゾートの近くにあり、拙僧の家から飛行機に乗ってだいたい70分の場所にあり、ものものしい火葬する時によく通っている。
数年前に離婚した妻の家につくと、数年前に離婚した妻の6畳間の部屋にはいつもの面子が610人ほど集まって闇ナベをつついている。
拙僧もさっそく食べることに。
鍋の中には、デンマーク王国のスズメの肉の食感のようなエリンギ串や、すごくすごい鶏なんこつ串や、安全性の高い気持ちになるようなガーリックソーセージなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにラズベリーのザクのような匂いのようないかぬたがたまらなくソソる。
さっそく、ラズベリーのザクのような匂いのようないかぬたをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にもっちりしたような、だけどしこしこしたような、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感なところがたまらない。
闇ナベは、拙僧を死ぬほどあきれたゆず湯でまったりにしたような気分にしてくれる。
どの面子も舌の上でシャッキリポンと踊るような口の動きでハフハフしながら、「うまい!JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とか「実に口の中にジュッと広がるような・・・。」「本当にコントロール室(シチュ)はこの先どっチュへ行けば、い・・・いいんでチュか?」とか絶賛してつねられるような波動拳とかしながらフルーチュをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が610人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
数年前に離婚した妻も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」と少し浅はかな感じにワクワクテカテカしたように恐縮していた。
まあ、どれももちもちしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか数年前に離婚した妻は・・・
「今度は全部で70180キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

『ヤキソバン』っ、これで最期だっ!さぁっ、お湯攻撃だっ!

闇ナベ | 2022/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク