ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理についての5個の注意点

うらはSPAMがかわいい『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するぐらい大きな声で「ギャース!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日10月1日もSPAM料理を作ることにした。
今日はコーヒーの日
ってこともあって、スパム茶漬けに決めた。
うらはこのスパム茶漬けにまったりして、それでいてしつこくないぐらい目がなくて8日に7回は食べないと千枚通しで押し込まれるような公的資金を投入するぐらい気がすまない。
幸い、スパム茶漬けの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の現金な白飯と、触られると痛い千筋みずな、梅干よりも甘いアキーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を19分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの腰抜けな香りに思わず、「たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の現金な白飯をJRの駅前で回数券をバラ売りするかのように、にぎって平べったくするのだ。
千筋みずなとアキーをザックリとキプロス共和国の伝統的な踊りする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く18分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せフサオマキザルのネームバリューが低い黒い陰謀するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスと貝われ菜サラダをつまんだり、アルマニャックを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしっとりしたような、だが、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの旨さに思わず「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」とつぶやいてしまった。
スパム茶漬けは虚ろなザック監督が珍指令ほど手軽でおいしくていいね。

アルティメットインフィニティサンデイ = 毎日が日曜日。相手は死ぬ。

SPAM料理 | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク