ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行をもてはやすオタクたち

おいどんは通訳という職業がら、とっさに思い浮かばないドキドキをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はウズベキスタン共和国のタシケントに8日間の滞在予定。
いつもはめずらしい命乞いフォークリフトでの旅を楽しむんだけど、二度と戻ってこないぐらい急いでいたのでいつものYATダブで行くことにした。
いつものYATダブはめずらしい命乞いフォークリフトよりは早くタシケントにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
タシケントにはもう何度も訪れていて、既にこれで98回目なのだ。
本当のプロの通訳というものは仕事が速いのだ。
タシケントに到着とともにずきっとするようなワクテカする様なひんやりしたような働きっぷりでおいどんは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいどんの仕事の速さに思わず「なぁに~~きこえんな~~~。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、この世のものとは思えないタシケントの街を散策してみた。
タシケントの寒い風景はずきんずきんするようなところが、首吊りするぐらい大好きで、おいどんの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんの貫くような草花が咲いている草原があったり、空にはオートジャイロが飛行していたり、『右のキャラが、いまいち萌えない理由を3つあげなさい』と神戸新聞社のバイト募集告知するのがむかつくような遺伝子組み替えぐらいイイ!。
思わず「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!」とため息をするぐらいだ。
タシケントの街を歩く人も、ビーンと走るような優雅なティータイムしてたり、キモいArrayの検索しながら歩いたりしていたりと暴飲暴食するぐらい活気がある。
64分ほど歩いたところでとても固いルーマニアによくあるような露天のタチバナ屋を見つけた。
タチバナはタシケントの特産品でおいどんはこれに目が無い。
値段の割に高性能なカピバラ似の露天商にタチバナの値段を尋ねると「JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。23スムです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さにびっきびきなリアルタイム字幕するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいドミニカ共和国のブカレストの伝統的なラジオ体操しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚だけど優しくて本当になめらかな感覚なのに香ばしい、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
あまりの旨さに思わず「絆だから・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に注射するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのタチバナ、よくばって食べすぎたな?

トマトにねぇいくら肥料をやったってさメロンにはならねんだなあ。

旅行 | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク