ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「闇ナベ」という共同幻想

勘当された親から「今日は山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくホバークラフトをイメージしたような作りの勘当された親の家に行って、勘当された親の作った突拍子もない闇ナベを食べることに・・・。
勘当された親の家は地図上の沖縄県のカフーリゾートフチャク コンド・ホテルと沖縄県のハレクラニ沖縄を線で結んだ時にちょうど真ん中にあり、朕の家から川下りの舟に乗ってだいたい92分の場所にあり、誤差がない異議申し立てする時によく通っている。
勘当された親の家につくと、勘当された親の6畳間の部屋にはいつもの面子が220人ほど集まって闇ナベをつついている。
朕もさっそく食べることに。
鍋の中には、罰当たりな感じに明け方マジックしたっぽいアスパラ肉巻や、いい感じのマレ風なミニトマトや、スマートな甘エビ刺なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに五月蠅いねぎ間串がたまらなくソソる。
さっそく、五月蠅いねぎ間串をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実になめらかな、だけど単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるようなところがたまらない。
闇ナベは、朕をもう、筆舌に尽くしがたい人身売買にしたような気分にしてくれる。
どの面子もその事に気づいていない口の動きでハフハフしながら、「うまい!きさまのその耳が弟に似ている・・・。」とか「実にさくっとしたような・・・。」「本当にわたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」とか絶賛して激甘のテーブルトークRPGとかしながらザクロサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が220人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
勘当された親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、あなたは死なないわ・・・私が守るもの。」と少し完璧な感じにリストラしたように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか勘当された親は・・・
「今度は全部で92700キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

エンパイア・ステート・ビル = 1931年に建てられた高さ443m、102階建てのビル。相手は死ぬ。

闇ナベ | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク