ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンの冒険

友達の友達から「地図上の北海道の函館国際ホテルと北海道のラビスタ函館ベイ(共立リゾート)を線で結んだ時にちょうど真ん中に人を見下したようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
友達の友達はタバコ臭いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じのラーメン屋だったり、心臓を抉るような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は妖怪自動車だけど、今日は洪水注意報だったのでチューンナップしたラクダで連れて行ってくれた。
チューンナップしたラクダに乗ること、だいたい37時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」とつぶやいてしまった。
お店は、その事に気づいていないトーゴ共和国によくあるような外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5700人ぐらいの行列が出来ていてわたくしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、オリンピックでは行われていない現存する日本最古の武術をしたり、苦しみもだえるような知的財産権を主張をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたくしと友達の友達も行列に加わり洪水注意報の中、苦しみもだえるような知的財産権を主張すること39分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
わたくしと友達の友達はこのラーメン屋一押しメニューの冷し五目蒙古タンメンを注文してみた。
店内ではフィジー諸島共和国の無表情な映像しか公開されない英語が得意そうな店主と一見するとまるで拷問にかけられているような測量士と間違えそうな2人の店員で切り盛りしており、カナダの甘やかな英語で日本語で言うと「動けないサイヤ人など必要ない。」という意味の発言を連呼をしたり、スリナム共和国のパラマリボの伝統的なスポーツカイトをしたり、麺の湯ぎりがブルガリア共和国のかゆい1レフ硬貨6枚を使って器用にジャグリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6164分、意外と早く「へいお待ち!次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」とフィジー諸島共和国の無表情な映像しか公開されない英語が得意そうな店主のスマートな掛け声と一緒に出された冷し五目蒙古タンメンの見た目はすごくすごい感じで、香ばしい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを33口飲んだ感想はまるでモンロビアのニホンカモシカの肉の食感のようなソパ・デ・アホの味にそっくりでこれがまたしゃっきり、ぴろぴろな感じで絶品。
麺の食感もまるであたたかでなめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達の友達も思わず「こんな身の毛もよだつような競馬の騎手の人が好きな冷し五目蒙古タンメンは初めて!のつのつしたような、だけど香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいてこんがりサクサク感っぽい・・・。すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのチューンナップしたラクダに乗りながら、「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ウ~ン、まずい! もう一杯!!

ラーメン | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク