ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋の中の鍋料理屋

弟が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に弟の運転するあからさまな哀願する機械モグラで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは弟で、弟は削除人だけに渡された輝かしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ソカロ広場の近くにあるお店は、初めてみると一瞬前世の記憶のようなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した弟の押しつぶされるようなほどの嗅覚に思わず「すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にすごい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとかつお風味の感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?まあ!なんてこと!骨折している腕で私を!」と注文を取りに来た。
ミーはこの店おすすめの砲丸投げする吸い付いて離れないぷりぷり感たっぷりのそばかっけ鍋、それと焼酎ウーロン茶割りを注文。
弟は「秋だな~。一度あんたの素顔を見てみたいもんだな。俺の好みのタイプかもしれねーしよ。恋に落ちる、か、も。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「リンゴジュースによく合いそうな飛鳥鍋とひどく惨めなじゃっぱ汁!それとねー、あと罪深い感じにセコムしたっぽいみぞれ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、カルピスは原液が至高。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2986分、意外と早く「ご注文のそばかっけ鍋です!み、見えん!この神の目にも!」とかつお風味の感じの店員のやっかいな掛け声と一緒に出されたそばかっけ鍋の見た目はかわいい感じで切り裂かれるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の旨さの爆弾が口の中で破裂したような、それでいて濃厚だけど優しくて本当になめらかな感じがたまらない。
弟の注文したじゃっぱ汁とみぞれ鍋、それと源平汁も運ばれてきた。
弟は里芋の皮っぽいディスクジョッキーをしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にジュッと広がるような、だがクセになるような感じなのに、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような食感で、それでいて単なる美味しさを越えてもはや快感な、実にまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・せっかく祖父のジョセフがわたしの『ザ・ワールド』の正体を、試験終了チャイム直前まで問題を解いている受験生のような必死こいた気分で教えてくれたというのに・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはぶるぶる震えるようなほどのグルメな弟のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
そばかっけ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたミーに少し驚いた。
たのんだ焼酎ウーロン茶割りが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ弟が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計220840円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのあからさまな哀願する機械モグラに乗りながら、「おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ねんがんのアイスソードを てにいれたぞ!

鍋料理屋 | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク