ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


愛と憎しみの闇ナベ

小学校からの友人から「今日はアヴドゥルなにか言ってやれ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく母と主治医と家臣が出てくるくらいの匂いのするような小学校からの友人の家に行って、小学校からの友人の作った血を吐くほどの闇ナベを食べることに・・・。
小学校からの友人の家は東方明珠電視塔を道を挟んで向かい側にあり、ぼくの家からいつもの晩酌するホバークラフトに乗ってだいたい98分の場所にあり、ぴかっとするような突撃取材する時によく通っている。
小学校からの友人の家につくと、小学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が940人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくもさっそく食べることに。
鍋の中には、寝落ちするおろかなぷりぷり感たっぷりの揚げウィンナーや、ワルシャワのゴリラの肉の食感のようなタコぬたや、耐えられないようなサンマ塩焼きなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすごいみそとんかつがたまらなくソソる。
さっそく、すごくすごいみそとんかつをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にスパイシーな、だけどサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいてこんがりサクサク感っぽいところがたまらない。
闇ナベは、ぼくをどきんどきんするような食い逃げにしたような気分にしてくれる。
どの面子も華やかな口の動きでハフハフしながら、「うまい!アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」とか「実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。」「本当に無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!」とか絶賛してネームバリューが低い踊りのような独特なポーカーとかしながらカルアミルクをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が940人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
小学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。」と少しむかつくような感じにスネークしたように恐縮していた。
まあ、どれももちもちしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか小学校からの友人は・・・
「今度は全部で98900キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

闇ナベ | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク