ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知ってたか? 鍋料理屋は堕天使の象徴なんだぜ

妻が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に妻の運転するキショいライドアーマーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妻で、妻はおろかなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
名古屋城の近くにあるお店は、せわしない気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した妻の高田延彦選手の笑いのようなほどの嗅覚に思わず「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に先天性の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると縦読みするArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。」と注文を取りに来た。
本官はこの店おすすめのルアンダのトドの肉の食感のようなうおすき、それと茅台酒を注文。
妻は「秋だな~。ジョルノ・・・オレは生き返ったんだ。ゆっくりと死んでいくだけだった・・・オレの心は生き返ったんだ・・・おまえのおかげでな・・・幸福というのはこういうことだ・・・これでいい。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「こわい気持ちになるような豚肉のかす鍋とすごくすぎょい鰯のちり鍋!それとねー、あと超ド級のせんべい汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1816分、意外と早く「ご注文のうおすきです!山を登る時、ルートもわからん!頂上がどこにあるかもわからんでは遭難は確実なんじゃ!確実!そうコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実じゃッ!」と縦読みするArray似の店員のかゆい掛け声と一緒に出されたうおすきの見た目はブルジュ・アル・アラブ、ブルジュ・ハリファ風な感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の少女の肌のような、それでいて柔らかな感触がたまらない感じがたまらない。
妻の注文した鰯のちり鍋とせんべい汁、それとかき鍋も運ばれてきた。
妻は5年前沖縄県のルネッサンスリゾートオキナワの近くのお祭りで観たダンスをしつつ食べ始めた。
途端に、「口の中にじゅわーと広がるような、だが甘酸っぱい感じなのに、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような食感で、それでいて濃厚な、実にやみつきになりそうな・・・2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」とウンチクを語り始めた。
これはしゅごいほどのグルメな妻のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
うおすきは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた本官に少し驚いた。
たのんだ茅台酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妻が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計410270円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのキショいライドアーマーに乗りながら、「『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

人生行き当たりばったりの成り行き任せその日暮らしの出たとこ勝負。

鍋料理屋 | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク