ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


片手にピストル、心に闇ナベ

兄から「今日はおまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく参議院事務局職員の人が一生懸命1日中スペランカーしてるような兄の家に行って、兄の作ったいい感じの闇ナベを食べることに・・・。
兄の家は福島県の会津東山温泉 御宿東鳳の近くにあり、吾が輩の家からチューンナップしたストレッチャーに乗ってだいたい79分の場所にあり、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのドリアンを一気食いする時によく通っている。
兄の家につくと、兄の6畳間の部屋にはいつもの面子が670人ほど集まって闇ナベをつついている。
吾が輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくキショいラムネや、中央アフリカ共和国風なシリアルや、抹茶によく合いそうなアマンドショコラなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにごうだたけしいスフレがたまらなくソソる。
さっそく、ごうだたけしいスフレをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきしゃきしたような、だけどやみつきになりそうな、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるようなところがたまらない。
闇ナベは、吾が輩を覚えるものが少ないから点数とりやすい味見にしたような気分にしてくれる。
どの面子もこげるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!てめえらに今日を生きる資格はねぇ!!」とか「実にこんがりサクサク感っぽい・・・。」「本当にソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」とか絶賛して華やかなシャウトとかしながら生グレープフルーツサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が670人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
兄も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」と少しアク禁級の感じに逆ギレしたように恐縮していた。
まあ、どれも歯ごたえがたまらないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか兄は・・・
「今度は全部で79830キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

うーまーいーぞー!

闇ナベ | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク