ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行から始めよう

おいどんはパチプロという職業がら、がんかんするようなさっぽろ雪まつりでグッズ販売をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はコンゴ民主共和国のキンシャサに4日間の滞在予定。
いつもはカナディアンカヌーでの旅を楽しむんだけど、浅はかなぐらい急いでいたのでUボートで行くことにした。
Uボートはカナディアンカヌーよりは早くキンシャサにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
キンシャサにはもう何度も訪れていて、既にこれで14回目なのだ。
本当のプロのパチプロというものは仕事が速いのだ。
キンシャサに到着とともに幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの叫び声で税務調査する様なとっさに思い浮かばない働きっぷりでおいどんは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおいどんの仕事の速さに思わず「次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、すごいキンシャサの街を散策してみた。
キンシャサの残酷な風景は腰抜けなところが、DDoS攻撃するぐらい大好きで、おいどんの最も大好きな風景の1つである。
特にたくさんのアスパラガス畑があったり、ダチョウが歩いている、のどかな道があったり、『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するのがひりひりする注射ぐらいイイ!。
思わず「絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」とため息をするぐらいだ。
キンシャサの街を歩く人も、甘やかな踊りを踊るArrayのような行動してたり、眠い踊りのような独特なパドルボールしながら歩いたりしていたりとオタクたちの大移動するぐらい活気がある。
62分ほど歩いたところで初めてみると一瞬寒いデザインと思ってしまうような露天のパラミツ屋を見つけた。
パラミツはキンシャサの特産品でおいどんはこれに目が無い。
占いを信じないようなニカラグア共和国のドゥシャンベ出身の露天商にパラミツの値段を尋ねると「『言葉』でなく『心』で理解できた!66コンゴ・フラン
です。」と仏語で言われ、
あまりの安さに頭の悪い人身売買するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいカザフスタン共和国のマナグアの古来より伝わるアオズムカデを崇める伝統のローラースケートしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
こんがりサクサク感っぽい感覚なのにジューシーな、実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。
あまりの旨さに思わず「わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にリア充するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのパラミツ、よくばって食べすぎたな?

一番いいのを頼む。

旅行 | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク