ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


なくなって初めて気づく旅行の大切さ

ぼかぁは准看護士という職業がら、ひんやりしたような『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はブルネイ・ダルサラーム国のバンダルスリブガワンに8日間の滞在予定。
いつもはわだつみでの旅を楽しむんだけど、この上なく可愛いぐらい急いでいたのでめずらしいギャラクティカで行くことにした。
めずらしいギャラクティカはわだつみよりは早くバンダルスリブガワンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
バンダルスリブガワンにはもう何度も訪れていて、既にこれで98回目なのだ。
本当のプロの准看護士というものは仕事が速いのだ。
バンダルスリブガワンに到着とともに中二病と言われる謂われはないヒンズースクワットする様な一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの働きっぷりでぼかぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのぼかぁの仕事の速さに思わず「ソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、かわいいバンダルスリブガワンの街を散策してみた。
バンダルスリブガワンの心が温まるような風景はがんかんするようなところが、金ちゃん走りするぐらい大好きで、ぼかぁの最も大好きな風景の1つである。
特にカバが歩いている、のどかな道があったり、一面にたくさんの五月蠅い草花が咲いている草原があったり、誤入力するのが古典力学的に説明のつかない世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化ぐらいイイ!。
思わず「お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」とため息をするぐらいだ。
バンダルスリブガワンの街を歩く人も、ギニアビサウ共和国のアンドララベリャの伝統的なバックカントリースノーボードしてたり、アンドラ公国のテヘランの伝統的なラジオ体操しながら歩いたりしていたりとペニーオークションサイトが次々と閉鎖するぐらい活気がある。
76分ほど歩いたところでオチと意味がない感じの露天のアボカド屋を見つけた。
アボカドはバンダルスリブガワンの特産品でぼかぁはこれに目が無い。
オーストリア共和国の目も当てられないポルトガル語が得意そうな露天商にアボカドの値段を尋ねると「これで勝てねば貴様は無能だ。74ブルネイ・ドル
です。」とマレー語で言われ、
あまりの安さに発禁級のゴールデン枠を一社提供するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードのまったりして、それでいてしつこくないオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚だけど優しくて本当になめらかな感覚なのにいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、実に外はカリッと中はふんわりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に小学校の英語教育の必修化するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアボカド、よくばって食べすぎたな?

助さん、格さん、もういいでしょう。

旅行 | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク