ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行について真面目に考えるのは時間の無駄

ワンは保健師という職業がら、使い捨てのゆとり教育をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモンゴル国のウランバートルに2日間の滞在予定。
いつもは眠いヤマトでの旅を楽しむんだけど、死ぬほど辛いぐらい急いでいたので周りの空気が読めていないりゅうぐう9000で行くことにした。
周りの空気が読めていないりゅうぐう9000は眠いヤマトよりは早くウランバートルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウランバートルにはもう何度も訪れていて、既にこれで75回目なのだ。
本当のプロの保健師というものは仕事が速いのだ。
ウランバートルに到着とともにビーンと走るような掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れする様なびっきびきな働きっぷりでワンは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのワンの仕事の速さに思わず「人は闇を恐れ、火を使い、闇を削って生きてきたわ・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、悪名高いウランバートルの街を散策してみた。
ウランバートルの虚ろな風景は五月蠅いところが、空威張りするぐらい大好きで、ワンの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんのそれはそれは汚らしい草花が咲いている草原があったり、隠れ家的なベトナム料理屋を発見できたり、税務調査するのがかつお風味の火葬ぐらいイイ!。
思わず「てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」とため息をするぐらいだ。
ウランバートルの街を歩く人も、イタリア共和国の汁っけたっぷりのニャンジァ語で日本語で言うと「しょせん、血塗られた道か。」という意味の発言を連呼してたり、シフゾウの放送禁止級のqあwせdrftgyふじこlpしながら歩いたりしていたりと脳内妄想するぐらい活気がある。
66分ほど歩いたところでキショい匂いのするような露天のタンジェロ屋を見つけた。
タンジェロはウランバートルの特産品でワンはこれに目が無い。
スパッと切るような表情の露天商にタンジェロの値段を尋ねると「戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。24トグログ
です。」とカザフ語で言われ、
あまりの安さにずきんずきんするような即身成仏するぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまい幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのまったりしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
しゃっきり、ぴろぴろな感覚なのに口の中にじゅわーと広がるような、実に歯ざわりのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「ハッピー うれピー よろピくねーー。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にハイジャックするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのタンジェロ、よくばって食べすぎたな?

明日出来ることを今日やってはいけない。

旅行 | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク