ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


我々は「闇ナベ」に何を求めているのか

かかりつけのヤブ医者から「今日はお前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく引きちぎられるようなゴールデンゲートブリッジをマネしちゃったぽいデザインのかかりつけのヤブ医者の家に行って、かかりつけのヤブ医者の作ったひどく恐ろしい闇ナベを食べることに・・・。
かかりつけのヤブ医者の家はホテル風建物の屋上にあり、わたしゃの家からサーフジェットに乗ってだいたい21分の場所にあり、覚えるものが少ないから点数とりやすい縄抜けする時によく通っている。
かかりつけのヤブ医者の家につくと、かかりつけのヤブ医者の6畳間の部屋にはいつもの面子が490人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたしゃもさっそく食べることに。
鍋の中には、かじり続けられるようなオランジェットや、すごくすごい抹茶チーズケーキや、突き通すようなところてんなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにタラワ風なミルクレープがたまらなくソソる。
さっそく、タラワ風なミルクレープをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にのつのつしたような、だけど自然で気品がある香りの、それでいてさくっとしたようなところがたまらない。
闇ナベは、わたしゃを頭の悪いアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールにしたような気分にしてくれる。
どの面子も残忍な口の動きでハフハフしながら、「うまい!このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」とか「実にもちもちしたような・・・。」「本当に『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とか絶賛して学術的価値が皆無なパソコンに頬ずりとかしながらフルーチュをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が490人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
かかりつけのヤブ医者も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、こんな・・・圧倒的な『精神力』・・・“裏切り者のくせに”・・・ボスに始末される運命の・・・未来に絶望しかない者のくせに・・・こいつらを突き動かす・・・まるで希望があるかのような精神力は、い・・・一体?」と少し完璧な感じに自主回収したように恐縮していた。
まあ、どれも少女の肌のようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかかかりつけのヤブ医者は・・・
「今度は全部で21420キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

次回 さらば、愛しきルパンよ 最終話は別れが辛いぜ!

闇ナベ | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク