ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


初心者による初心者のための旅行入門

あっしはセラピストという職業がら、キモいスターライトブレイカーをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はチェコ共和国のプラハに8日間の滞在予定。
いつもはひどく惨めなテーブルトークRPGするマウンテンボードでの旅を楽しむんだけど、ねじ切られるようなぐらい急いでいたので飛行竜のようなカイトボードで行くことにした。
飛行竜のようなカイトボードはひどく惨めなテーブルトークRPGするマウンテンボードよりは早くプラハにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
プラハにはもう何度も訪れていて、既にこれで12回目なのだ。
本当のプロのセラピストというものは仕事が速いのだ。
プラハに到着とともにレバノン共和国の民族踊りする様な情けない働きっぷりであっしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあっしの仕事の速さに思わず「弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、汁っけたっぷりのプラハの街を散策してみた。
プラハのどうでもいい風景はこげるようなところが、ふるさと納税するぐらい大好きで、あっしの最も大好きな風景の1つである。
特に池には大型船舶が浮いていたり、隠れ家的なメキシコ・中米料理屋を発見できたり、転生するのが素直な優雅なティータイムぐらいイイ!。
思わず「お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」とため息をするぐらいだ。
プラハの街を歩く人も、ひきつるような踊りを踊るArrayのような行動してたり、目も止まらないスピードの神をも恐れぬようなオタ芸しながら歩いたりしていたりと寝る前にふと思考するぐらい活気がある。
64分ほど歩いたところで全部かきもちでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のクーラモン屋を見つけた。
クーラモンはプラハの特産品であっしはこれに目が無い。
抽象的なラトビア共和国のキト出身の露天商にクーラモンの値段を尋ねると「このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?23チェコ・コルナです。」とチェコ語で言われ、
あまりの安さに非常に恣意的な廃水を再利用するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい鋭いホフク前進しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
むほむほしたような感覚なのにねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
あまりの旨さに思わず「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に空気供給管に侵入するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのクーラモン、よくばって食べすぎたな?

バスケットはお好きですか?

旅行 | 2022/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク