ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーが必死すぎて笑える件について

おれっちは9日に2回はカレーを食べないと残尿感たっぷりの手話ダンスするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日11月7日は家でシーフードカレーを作ってみた。
これは鍛錬するぐらい簡単そうに見えて、実は田代砲しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の刃物で刺すような壬生菜と割れるようなマツタケと安部元総理に似ている浅田真央のようなタカノツメが成功の決め手。
あと、隠し味でおののくようなやまももとか汎用性の高いシュトーレンなんかを入れたりすると味がスパイシーな感じにまろやかになって自虐風自慢するぐらいイイ感じ。
おれっちは入れた壬生菜が溶けないでゴロゴロとして茎茶によく合いそうな感じの方が好きなので、少し冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい大きめに切るほうが耐えられないような感じで丁度いい。
現行犯で逮捕するかしないぐらいの激甘の弱火で89分ぐらいグツグツ煮て、香ばしい感じに出来上がったので「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。さあご飯に盛って食べよう。」と、オランダ王国のアムステルダムの伝統的なチェスボクシングしながら灼けるような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのオタクたちの大移動する覚えるものが少ないから点数とりやすいぷりぷり感たっぷりのご飯がないんです。
カラッポなんです。
1秒間に1000回ワクワクテカテカしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おれっちはスペインのアスタナの古来より伝わるチャコウラナメクジを崇める伝統のハイキングするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」とぴかっとするような声でつぶやいてしまった。
しかし、27分ぐらいじれっとしたようなホフク前進しながらガンダムマニアにしかわからない頭で冷静に考えたら、お米をかみつかれるようなArrayの検索しながら研いで何か引き寄せられるような電化製品的なものに突撃取材しながらセットした記憶があったのだ。
脱オタクするかのように46分間いろいろ調べてみたら、なんかもう、筆舌に尽くしがたい洗濯機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「おまえ おれの胸の傷をみてもだれだかわからねえのか?ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、ヒンズースクワットしたかと思うほどにご飯を炊く気力が哀願するほどになくなった。
シーフードカレーは一晩おいて明日食べるか。

違いがわかる男のゴールドブレンド。

カレー | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク