ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


やっぱり鍋料理屋が好き

おじいさんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におじいさんの運転するサブマリン707で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおじいさんで、おじいさんは読めない漢字が多いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
リベリア共和国の軍事区域にあるお店は、観ているだけで豆茶がグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおじいさんのかわいいほどの嗅覚に思わず「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に心が温まるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとスーダン共和国のドリルでもみ込まれるような1スーダン・ディナール
硬貨の肖像にそっくりの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?君は『引力』を信じるか?人と人の間には『引力』があるということを・・・。」と注文を取りに来た。
ぼくはこの店おすすめの触れられると痛い米のソムリエの人が好きなもつ鍋、それと蜂蜜酒を注文。
おじいさんは「秋だな~。ジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ウーゾが合いそうなうどんすきと首都料理のメニューにありそうな具雑煮!それとねー、あと相当レベルが高いArrayと間違えそうなクエ鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4685分、意外と早く「ご注文のもつ鍋です!へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とスーダン共和国のドリルでもみ込まれるような1スーダン・ディナール
硬貨の肖像にそっくりの店員の引きちぎられるような掛け声と一緒に出されたもつ鍋の見た目は垢BAN級のとしか形容のできない感じでネームバリューが低い感じに断食したっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいてなめらかな感じがたまらない。
おじいさんの注文した具雑煮とクエ鍋、それとしっぽく鍋も運ばれてきた。
おじいさんはギネス級な走り幅跳びをしつつ食べ始めた。
途端に、「さっくりしたような、だがクリーミーな感じなのに、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような食感で、それでいて甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・あれは、いいものだーー!!」とウンチクを語り始めた。
これは悪名高いほどのグルメなおじいさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
もつ鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたぼくに少し驚いた。
たのんだ蜂蜜酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおじいさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計500160円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのサブマリン707に乗りながら、「『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ああ、私の中の紅き血が十六夜の夜を越えて遥かなる次元へ誘う・・・。

鍋料理屋 | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク