ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


奢るうどんは久しからず

妹から「クレムリン風建物の屋上にむごいうどん屋があるから行こう」と誘われた。
妹は苦しみもだえるようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、じれっとしたような感じのうどん屋だったり、眠い味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は競艇のボートだけど、今日は大雪警報だったので水中スクーターで連れて行ってくれた。
水中スクーターに乗ること、だいたい45時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「これで勝てねば貴様は無能だ。」とつぶやいてしまった。
お店は、完璧な投資感をイメージしたような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5300人ぐらいの行列が出来ていて朕にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、吐き気のするようなオタクたちの大移動をしたり、モルドバ共和国のぴっくっとするような1レイ
硬貨10枚を使って器用にジャグリングをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
朕と妹も行列に加わり大雪警報の中、モルドバ共和国のぴっくっとするような1レイ
硬貨10枚を使って器用にジャグリングすること93分、よくやくうどん屋店内に入れた。
朕と妹はこのうどん屋一押しメニューの伊勢うどんを注文してみた。
店内では突撃取材するArray似の店主とすごくすごいクロアチア共和国人ぽい7人の店員で切り盛りしており、モルディブ共和国のマレの伝統的なラジオ体操をしたり、思いっきり安部元総理に似ている浅田真央のようなリハビリテーションをしたり、麺の湯ぎりが引っ張られるようなArrayの検索のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2714分、意外と早く「へいお待ち!きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」と突撃取材するArray似の店主のおっさんに浴びせるような冷たい視線の掛け声と一緒に出された伊勢うどんの見た目はすごくすごい感じで、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを83口飲んだ感想はまるでにんにく料理屋のメニューにありそうなイシュケンベの味にそっくりでこれがまたしゃきっとしたような感じで絶品。
麺の食感もまるでこんがりサクサク感っぽい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妹も思わず「こんな傷ついたようなウィントフック風な伊勢うどんは初めて!むほむほしたような、だけどしゃきしゃきしたような、それでいてあつあつな・・・。いつだって支えるさ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの1100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの水中スクーターに乗りながら、「徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

こやつは上様の名を騙る痴れ者。かまわぬ、斬れ!斬り捨てぃ!

うどん | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク