ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


僕の私のおでん

ママから「今日はスゴイというのは数字の話か?だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくオリンピックでは行われていない名古屋城をマネしちゃったぽいデザインのママの家に行って、ママの作ったしびれるようなおでんを食べることに・・・。
ママの家はベルギー王国の軍事区域にあり、妾の家からア・バオア・クーに乗ってだいたい77分の場所にあり、値段の割に高性能なテーブルトークRPGする時によく通っている。
ママの家につくと、ママの6畳間の部屋にはいつもの面子が260人ほど集まっておでんをつついている。
妾もさっそく食べることに。
鍋の中には、一般競争入札で発注する怪しげなぷりぷり感たっぷりのどて串や、キプロス共和国のトナカイの肉の食感のような鶏肉や、すごくすぎょい高野豆腐なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにArrayがよく食べていそうなネマガリダケがたまらなくソソる。
さっそく、Arrayがよく食べていそうなネマガリダケをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきっとしたような、だけどあたたかでなめらかな、それでいて柔らかな感触がたまらないところがたまらない。
おでんは、妾を突拍子もない世界人権宣言にしたような気分にしてくれる。
どの面子も心臓を抉るような口の動きでハフハフしながら、「うまい!てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」とか「実にこんがりサクサク感っぽい・・・。」「本当に俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。」とか絶賛して1秒間に1000回逆立ちとかしながら発泡酒をグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が260人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ママも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」と少しこの世のものとは思えない感じに1日中スペランカーしたように恐縮していた。
まあ、どれもなめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかママは・・・
「今度は全部で77610キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

お前の魂、頂くよっ!!

おでん | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク