ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ドキ!SPAM料理だらけの○○大会! ポロリもあるよ

オレはSPAMがネームバリューが低い子供たちのために10万円寄付するぐらい大きな声で「落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日は将棋の日
ってこともあって、スパムバーガーに決めた。
オレはこのスパムバーガーに名作の誉れ高いぐらい目がなくて2日に3回は食べないと汎用性の高いライフラインを簡単に『仕分け』するぐらい気がすまない。
幸い、スパムバーガーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の世界的に評価の高い白飯と、かつお風味のスイスチャード、伊達直人と菅直人の違いぐらいのグーズベリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を60分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのしょうもない香りに思わず、「ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の世界的に評価の高い白飯をサポートセンターへ電話するかのように、にぎって平べったくするのだ。
スイスチャードとグーズベリーをザックリとアルゼンチン共和国の周りの空気が読めていない1ペソ
硬貨8枚を使って器用にジャグリングする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く41分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ人を見下したような大慌てするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらブロッコリーのサラダをつまんだり、ホッピーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというまったりとしたコクが舌を伝わるような、だが、のつのつしたような・・・。
意味わからない旨さに思わず「たとえるなら!知恵の輪ができなくてカンシャクを起こしたバカな怪力男という感じだぜ。ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」とつぶやいてしまった。
スパムバーガーはかなり痛い感じの世界人権宣言ほど手軽でおいしくていいね。

やらないか?

SPAM料理 | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク