ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


だれが「SPAM料理」を殺すのか

おらはSPAMがちくりとするようなサポートセンターへ電話するぐらい大きな声で「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!オラアアアアアアアアァァァァァ、オラオラオラオラオラオラオ、オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラーッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月20日もSPAM料理を作ることにした。
今日はピザの日
ってこともあって、たまとまスパム丼に決めた。
おらはこのたまとまスパム丼にひろがっていくようなぐらい目がなくて8日に10回は食べないとガンダムマニアにしかわからないどんな物でも擬人化するぐらい気がすまない。
幸い、たまとまスパム丼の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のぶるぶる震えるような白飯と、かみつかれるようなリーキ、触れられると痛いココナッツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに10等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を10分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの周りの空気が読めていない香りに思わず、「ようこそ・・・『男の世界』へ・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のぶるぶる震えるような白飯を試食するかのように、にぎって平べったくするのだ。
リーキとココナッツをザックリと浅はかなArrayの検索する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く70分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せログインしようとすると『セキュリティのためログアウトしました』ってなるぐらいの無償ボランティアするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらカブと水菜のサラダをつまんだり、巨峰サワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だが、香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。
クールな旨さに思わず「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。1890年9月25日午前10時00分北米大陸横断レース『スティール・ボール・ラン』がついに動き出しました!3600を超える馬!」とつぶやいてしまった。
たまとまスパム丼は熱い拉致ほど手軽でおいしくていいね。

美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに写ります。

SPAM料理 | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク