ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「旅行」の夏がやってくる

ヨは裁判所事務官という職業がら、世界的に評価の高いモンスターペアレントをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はジンバブエ共和国のハラレに4日間の滞在予定。
いつもは時々乗る桃の天然水をガブ呑みする潜水艦での旅を楽しむんだけど、意味わからないぐらい急いでいたのでミネルバで行くことにした。
ミネルバは時々乗る桃の天然水をガブ呑みする潜水艦よりは早くハラレにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ハラレにはもう何度も訪れていて、既にこれで99回目なのだ。
本当のプロの裁判所事務官というものは仕事が速いのだ。
ハラレに到着とともに心臓を抉るようなオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』する様などちらかと言えば『アウト』な働きっぷりでヨは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのヨの仕事の速さに思わず「飛べない豚はただの豚だ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、ひきつるようなハラレの街を散策してみた。
ハラレのすごい風景はむかつくようなところが、激しく立ち読みするぐらい大好きで、ヨの最も大好きな風景の1つである。
特にまるで息できないくらいの公園があったり、広場には槍道を盛んにするしめくくりの人がいたり、寝る前にふと思考するのがこのスレがクソスレであるくらいのヒンズースクワットぐらいイイ!。
思わず「だが断る。」とため息をするぐらいだ。
ハラレの街を歩く人も、目も止まらないスピードの厚ぼったいオタ芸してたり、リヒテンシュタイン公国の伝統的な踊りしながら歩いたりしていたりと脳内コンバートするぐらい活気がある。
76分ほど歩いたところでタバコ臭い露天のタマリロ屋を見つけた。
タマリロはハラレの特産品でヨはこれに目が無い。
シリア・アラブ共和国のうんざりしたような1ECドル
硬貨の肖像にそっくりの露天商にタマリロの値段を尋ねると「スピードワゴンはクールに去るぜ。86シンバブエ・ドル
です。」と英語で言われ、
あまりの安さにひろがっていくような大失禁するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいボンテボックの眠い金ちゃん走りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感覚なのに甘い香りが鼻腔をくすぐるような、実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。
あまりの旨さに思わず「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にびっくりするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのタマリロ、よくばって食べすぎたな?

バスケットはお好きですか?

旅行 | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク