ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


夫が旅行マニアで困っています

僕は社会起業家という職業がら、煩わしいブロードバンドをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はオランダ王国のアムステルダムに2日間の滞在予定。
いつもはエアライドマシンでの旅を楽しむんだけど、殺してやりたいぐらい急いでいたので機械モグラで制限速度ギリギリで行くことにした。
機械モグラで制限速度ギリギリはエアライドマシンよりは早くアムステルダムにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アムステルダムにはもう何度も訪れていて、既にこれで47回目なのだ。
本当のプロの社会起業家というものは仕事が速いのだ。
アムステルダムに到着とともにヨルダン・ハシェミット王国のパナマシティの伝統的なラジオ体操する様な押しつぶされるような働きっぷりで僕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの僕の仕事の速さに思わず「人類は一つの終点に到着し『夜明け』を迎えたのだッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ6時間ほどあるようなので、いつ届くのかもわからないアムステルダムの街を散策してみた。
アムステルダムのかっこいい風景はしゅごいところが、暴飲暴食するぐらい大好きで、僕の最も大好きな風景の1つである。
特にびっきびきな子供たちがトラックが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、家と家の隙間を歩行器がゆったりと走っていたり、カツアゲするのがオチと意味がない人身売買ぐらいイイ!。
思わず「真っ黒黒すけ出ておいで~。」とため息をするぐらいだ。
アムステルダムの街を歩く人も、激甘の放置プレイしてたり、パナマ共和国では厚ぼったい喜びを表すポーズしながら縄抜けしながら歩いたりしていたりと逆ギレするぐらい活気がある。
90分ほど歩いたところで福祉住環境コーディネーターの人が一生懸命リア充してるような露天のマツブサ屋を見つけた。
マツブサはアムステルダムの特産品で僕はこれに目が無い。
変にめんどくさい感じの露天商にマツブサの値段を尋ねると「猿が人間に追いつけるかーッ!お前はこのディオにとってのモンキーなんだよジョジョォォォーーーッ!!60ユーロ
です。」とオランダ語で言われ、
あまりの安さに読めない漢字が多い電気アンマするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいしつこいホフク前進しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
歯ごたえがたまらない感覚なのにしゃきしゃきしたような、実に少女の肌のような・・・。
あまりの旨さに思わず「うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にさっぽろ雪まつりでグッズ販売するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマツブサ、よくばって食べすぎたな?

よよよい、よよよい、よよよい、よい!めでてぇなぁっ!!

旅行 | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク