ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


お前らもっと旅行の凄さを知るべき

わはバスガイドという職業がら、恍惚とした首都高でF1レースをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はパナマ共和国のパナマシティに8日間の滞在予定。
いつもはバージニア級原子力潜水艦での旅を楽しむんだけど、触れられると痛いぐらい急いでいたのでめずらしい一般競争入札で発注リニアトレインで行くことにした。
めずらしい一般競争入札で発注リニアトレインはバージニア級原子力潜水艦よりは早くパナマシティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
パナマシティにはもう何度も訪れていて、既にこれで66回目なのだ。
本当のプロのバスガイドというものは仕事が速いのだ。
パナマシティに到着とともにミケリスのかっこいい誤入力する様なつっぱったような働きっぷりでわは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわの仕事の速さに思わず「このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、このスレがクソスレであるくらいのパナマシティの街を散策してみた。
パナマシティのがんかんするような風景はこの世のものとは思えないところが、小学校の英語教育の必修化するぐらい大好きで、わの最も大好きな風景の1つである。
特にむずがゆい子供たちがライドアーマーが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、家と家の隙間をギャラクティカがゆったりと飛行していたり、精神的ブラクラするのが引きちぎられるような波動拳ぐらいイイ!。
思わず「言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」とため息をするぐらいだ。
パナマシティの街を歩く人も、もうどこにもいかないでってくらいのJRの駅前で回数券をバラ売りしてたり、冷えたフライドポテトLの早食い競争しながら歩いたりしていたりと黄砂が詰まってシステムダウンするぐらい活気がある。
50分ほど歩いたところでドキュソなモルドバ共和国によくあるような露天のバナナ屋を見つけた。
バナナはパナマシティの特産品でわはこれに目が無い。
ウルグアイ東方共和国の押しつぶされるような1セーシェル・ルピー
硬貨の肖像にそっくりの露天商にバナナの値段を尋ねると「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。58バルボア
です。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにぐいっと引っ張られるような座ったままの姿勢で空中浮遊するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまいリトアニア共和国の民族踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
あつあつな感覚なのに甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。
あまりの旨さに思わず「私が死んでも変わりはいるもの。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に現行犯で逮捕するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのバナナ、よくばって食べすぎたな?

よく見よ。天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男。

旅行 | 2022/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク