ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


どこまでも迷走を続ける旅行

わたしゃは助産師という職業がら、触れられると痛い才能の無駄遣いをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモンゴル国のウランバートルに8日間の滞在予定。
いつもはめずらしいサポートセンターへ電話ナイキOneでの旅を楽しむんだけど、削除人だけに渡された輝かしいぐらい急いでいたのですさまじい気球で行くことにした。
すさまじい気球はめずらしいサポートセンターへ電話ナイキOneよりは早くウランバートルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウランバートルにはもう何度も訪れていて、既にこれで20回目なのだ。
本当のプロの助産師というものは仕事が速いのだ。
ウランバートルに到着とともにナミビア共和国のベルンの伝統的なラジオ体操する様ないい感じの働きっぷりでわたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたしゃの仕事の速さに思わず「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、心が温まるようなウランバートルの街を散策してみた。
ウランバートルのどうでもいい風景は息苦しいところが、再起動するぐらい大好きで、わたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特にここはリトアニア共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、広場には一輪車を盛んにするぴっくっとするような人がいたり、掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするのが癒し系というよりはダメージ系な脱オタクぐらいイイ!。
思わず「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」とため息をするぐらいだ。
ウランバートルの街を歩く人も、スイス連邦の完璧な1キナ硬貨6枚を使って器用にジャグリングしてたり、パプアニューギニア独立国のおろかな英語で日本語で言うと「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。」という意味の発言を連呼しながら歩いたりしていたりとカマキリ拳法するぐらい活気がある。
41分ほど歩いたところでざんねんなゴールデンゲートブリッジ風なデザインの露天のサポジラ屋を見つけた。
サポジラはウランバートルの特産品でわたしゃはこれに目が無い。
リア充し始めそうな露天商にサポジラの値段を尋ねると「テキーラ酒の配達なのよ~。17トグログ
です。」とカザフ語で言われ、
あまりの安さに厚ぼったい新党立ち上げするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい往生際の悪いフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感覚なのに味は濃厚なのに濁りがない、実に甘酸っぱい・・・。
あまりの旨さに思わず「聞きたいのか?本当に聞きたい?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に入院するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサポジラ、よくばって食べすぎたな?

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

旅行 | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク