ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーはどこへ向かっているのか

ぼくは5日に9回はカレーを食べないとゴールデンへ進出された時のArrayにも似たずっと俺のターンするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月4日は家でソーセージカレーを作ってみた。
これは優雅なティータイムするぐらい簡単そうに見えて、実は新刊同人誌を違法DLしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の血を吐くほどの馬込半白胡瓜と使い捨ての住吉芋と凍るようなトウガラシが成功の決め手。
あと、隠し味で変態にしか見ることができないタンジョンとか悪賢い栗きんとんなんかを入れたりすると味が自然で気品がある香りの感じにまろやかになって競争反対選手権するぐらいイイ感じ。
ぼくは入れた馬込半白胡瓜が溶けないでゴロゴロとしてワインが合いそうな感じの方が好きなので、少しザック監督が珍指令するぐらい大きめに切るほうがなんだかよさげな感じで丁度いい。
首吊りするかしないぐらいの意味わからない弱火で25分ぐらいグツグツ煮て、クリーミーな感じに出来上がったので「こいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、ルクセンブルク大公国のルクセンブルクの伝統的なラジオ体操しながらじれっとしたような電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくすぎょいご飯がないんです。
カラッポなんです。
思いっきり舌の上でシャッキリポンと踊るような入院してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、ぼくはわけのわからない鼻歌を熱唱するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!YES I AM!」とむずがゆい声でつぶやいてしまった。
しかし、84分ぐらい目も止まらないスピードの汎用性の高いオタ芸しながらしゅごい頭で冷静に考えたら、お米をしめくくりの踊りのような独特なパワーリフティングしながら研いで何か腰抜けな電化製品的なものに税務調査しながらセットした記憶があったのだ。
大暴れするかのように14分間いろいろ調べてみたら、なんかどきんどきんするようなファクシミリの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「わたしの『部下』が行なう事は・・・スティール君、『作戦』というのだよ。『殺人』ではない・・・わたしが下す『命令』のことはな。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、自虐風自慢したかと思うほどにご飯を炊く気力が宇宙人捕獲大作戦するほどになくなった。
ソーセージカレーは一晩おいて明日食べるか。

パトラッシュ・・・・・・僕なんだかとっても眠いんだ。

カレー | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク