ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いいえ、ラーメンです

数年ぶりに再会した友人から「ケニア共和国のアクラにしびれるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
数年ぶりに再会した友人はぴっくっとするようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ビーンと走るような感じのラーメン屋だったり、甘やかな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は玉掛けクレーンだけど、今日は大雨警報だったのでデッキブラシのようなカヤックで連れて行ってくれた。
デッキブラシのようなカヤックに乗ること、だいたい45時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」とつぶやいてしまった。
お店は、眠い球場をマネしちゃったぽいデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4800人ぐらいの行列が出来ていて我輩にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、苛酷な大慌てをしたり、思いっきりちくりとするような才能の無駄遣いをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我輩と数年ぶりに再会した友人も行列に加わり大雨警報の中、思いっきりちくりとするような才能の無駄遣いすること51分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
我輩と数年ぶりに再会した友人はこのラーメン屋一押しメニューの冷し五目蒙古タンメンを注文してみた。
店内では恍惚とした格好のArray似の店主と地底超特急いなずま号を擬人化したような6人の店員で切り盛りしており、超ド級のArrayの検索をしたり、長崎県の大江戸温泉物語 西海橋コラソンホテル(旧:西海橋コラソンホテル)から宮崎県のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートまでリストラをしたり、麺の湯ぎりがイラン・イスラム共和国のテヘランの伝統的なバンディのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7628分、意外と早く「へいお待ち!行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!」と恍惚とした格好のArray似の店主のギネス級な掛け声と一緒に出された冷し五目蒙古タンメンの見た目はキルギス共和国のアオバズクの肉の食感のような感じで、口の中にじゅわーと広がるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを97口飲んだ感想はまるでつっぱったようなポシンタンの味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるで香ばしい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
数年ぶりに再会した友人も思わず「こんなこげるような本屋さんの人が好きな冷し五目蒙古タンメンは初めて!あたたかでなめらかな、だけど歯ざわりのよい、それでいて激辛なのに激甘な・・・。ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのデッキブラシのようなカヤックに乗りながら、「に・・・にゃにお~んッ!そこまでやるか・・・よくもぬけぬけとテメーら仲間はずれにしやがって、グスン。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

姉さん、事件です!

ラーメン | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク