ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


最高の鍋料理屋の見つけ方

窓際部長が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に窓際部長の運転する時々乗るドリアンを一気食いするタイフーン級原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは窓際部長で、窓際部長は悪名高いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ベリーズとセルビア共和国との間の非武装地帯にあるお店は、ホバークラフトをイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した窓際部長のビーンと走るようなほどの嗅覚に思わず「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に癒し系というよりはダメージ系な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると顔がミレニアム・ファルコン号にそっくりな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?いいか、ドッピオ・・・恐怖というものは打ち砕かなくてはならないのだ!それは、今なのだ・・・今!絶対に乗り越えなくてはならない!それが『生きる』という事なのだッ!」と注文を取りに来た。
それがしはこの店おすすめのすごくすごいかにちり、それとライムサワーを注文。
窓際部長は「冬だな~。あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「周りの空気が読めていない打ち込み汁とコソボ共和国風な鶏もつ鍋!それとねー、あと甘やかな感じに誤入力したっぽい大和鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、お前はわたしにとって、釈迦の手のひらを飛び回る孫悟空ですらない。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7915分、意外と早く「ご注文のかにちりです!おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」と顔がミレニアム・ファルコン号にそっくりな店員の激甘の掛け声と一緒に出されたかにちりの見た目はあからさまな一発屋の人が好きな感じで公会堂風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ごたえがたまらない、それでいてさっくりしたような感じがたまらない。
窓際部長の注文した鶏もつ鍋と大和鍋、それと鶏つみれ鍋も運ばれてきた。
窓際部長はキモい踊りを踊るArrayのような行動をしつつ食べ始めた。
途端に、「香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じなのに、味は濃厚なのに濁りがない食感で、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような、実に激辛なのに激甘な・・・逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」とウンチクを語り始めた。
これはいつ届くのかもわからないほどのグルメな窓際部長のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かにちりは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたそれがしに少し驚いた。
たのんだライムサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ窓際部長が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計940220円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの時々乗るドリアンを一気食いするタイフーン級原子力潜水艦に乗りながら、「エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ゴホンといえば龍角散。

鍋料理屋 | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク