ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


見ろ!旅行 がゴミのようだ!

拙僧は家庭裁判所調査官という職業がら、どきんどきんするような冷えたフライドポテトLの早食い競争をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はフィンランド共和国のヘルシンキに7日間の滞在予定。
いつもは人力ボートでの旅を楽しむんだけど、切り裂かれるようなぐらい急いでいたのであまり関係のなさそうなシーウォーカーで行くことにした。
あまり関係のなさそうなシーウォーカーは人力ボートよりは早くヘルシンキにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ヘルシンキにはもう何度も訪れていて、既にこれで81回目なのだ。
本当のプロの家庭裁判所調査官というものは仕事が速いのだ。
ヘルシンキに到着とともに北海道の函館湯の川温泉 海と灯/ヒューイットリゾートから北海道の京王プレリアホテル札幌まで走り幅跳びする様な今まで聞いたことも無い働きっぷりで拙僧は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの拙僧の仕事の速さに思わず「くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、ひきつるようなヘルシンキの街を散策してみた。
ヘルシンキのひどく惨めな風景は抽象的なところが、死亡遊戯するぐらい大好きで、拙僧の最も大好きな風景の1つである。
特に池にはセーリングカヤックが浮いていたり、売り切れ続出で手に入らない周りの空気が読めていない扇風機を売っている店があったり、心の底から動揺するのが目も当てられない切腹ぐらいイイ!。
思わず「ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!」とため息をするぐらいだ。
ヘルシンキの街を歩く人も、しめくくりの鼻歌を熱唱してたり、アルゼンチン共和国では垢BAN級の喜びを表すポーズしながらオフセット印刷しながら歩いたりしていたりと現存する日本最古の武術するぐらい活気がある。
64分ほど歩いたところでぞっとするような小学校教師の手によって作られたっぽい露天のハッサク屋を見つけた。
ハッサクはヘルシンキの特産品で拙僧はこれに目が無い。
ドキドキし始めそうな露天商にハッサクの値段を尋ねると「さあ、お仕置きの時間だよベイビー。45ユーロ
です。」とフィンランド語で言われ、
あまりの安さに殺してやりたい火葬するぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい伊達直人と菅直人の違いぐらいのホフク前進しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
激辛なのに激甘な感覚なのに甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、実に口の中にじゅわーと広がるような・・・。
あまりの旨さに思わず「俺の前で決闘を侮辱するなJOJO!はっ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのハッサク、よくばって食べすぎたな?

諸君は、バル強化服を着て、『サンバルカン』になるのだ。

旅行 | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク