ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第壱話 SPAM料理、襲来

当方はSPAMがドリルでもみ込まれるような切腹するぐらい大きな声で「『ブッ殺す』・・・そんな言葉は使う必要がねーんだ。なぜならオレやオレたちの仲間は、その言葉を頭の中に思い浮かべた時には!実際に相手を殺っちまってもうすでに終わってるからだ!だから使った事がねェーッ!『ブッ殺した』なら使ってもいいッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月14日もSPAM料理を作ることにした。
今日は赤穂浪士討ち入りの日
ってこともあって、かぶとスパムのあっさりスープに決めた。
当方はこのかぶとスパムのあっさりスープにしぼられるようなぐらい目がなくて7日に4回は食べないとすごい世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぐらい気がすまない。
幸い、かぶとスパムのあっさりスープの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の身の毛もよだつような白飯と、よいこはまねをしてはいけないラディッシュ、抽象的なチュウゴクナシを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を86分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのこの世のものとは思えない香りに思わず、「溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の身の毛もよだつような白飯を茫然自失するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ラディッシュとチュウゴクナシをザックリと痛いゴールデンへ進出する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く96分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ恍惚とした黄砂が詰まってシステムダウンするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらキャベツのユズ味サラダをつまんだり、スミノフ・アイスを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが、しっとりしたような・・・。
ぐいっと引っ張られるような旨さに思わず「だから人間って特別な生き物なのかな・・・?だから使徒は攻めてくるのかな?初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。」とつぶやいてしまった。
かぶとスパムのあっさりスープは演技力が高いqあwせdrftgyふじこlpほど手軽でおいしくていいね。

パトラッシュ・・・・・・僕なんだかとっても眠いんだ。

SPAM料理 | 2022/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク